スマートウェルネス住宅等推進事業 サービス付き高齢者向け住宅整備事業

市区町村への意見聴取手続について

本整備事業へ交付申請する場合には、「地元市区町村に意見聴取を行ったものであること」が補助の要件となります。
一部の市区町村については、意見聴取が不要の場合もありますので、建設予定の市区町村の意見聴取の要否を、以下の「意見聴取の要否」から確認し、必要な場合には、交付申請書に「市区町村への意見聴取結果」を添付してください。

完了実績報告手続について

完了実績報告の手続方法や必要書類については、以下のリンクから該当する年度のページでご案内いたします。
なお、各ページについては、既に交付決定を受けている方だけに限定して公開しております。申請前の方は、まずは交付申請手続を進めてください。

既に交付申請済みの方は、それぞれ審査担当者宛てにお問い合わせください。

定期報告手続きについて

スマートウェルネス住宅等推進事業費補助金につきましては、交付申請要領等に基づき、年1回、補助対象事業の補助要件への適合性、利用状況等の経過について報告(定期報告)を行っていただくこととされています。
各事業により定期報告の時期が異なります。時期が参りましたらメールにてお知らせいたしますので、「定期報告窓口」としてご登録いただいた方は、以下の「サービス付き高齢者向け住宅整備事業 定期報告サイト」の画面案内に沿って必要事項を入力し、手続を進めてください。

  • サービス付き高齢者向け住宅整備事業定期報告サイト